カードローンにもある契約期間



h

カードローンにもある|契約期間

カードローンには契約期間と言うものが設定されているのは皆さんご存知ですか。 カードローンにおける契約期間とは、カードの有効期間のことを指します。 つまり契約期間を過ぎたカードは新たな借入れが出来なくなると言うことなのです。

ですが、カードローン会社の多くは契約期間が過ぎても、自動更新システムがあるのでそのまま継続して使えることが可能です。 というのも会社としては、利用者の利息で収益を得ている訳ですから優良顧客に対しては継続利用を歓迎しているのです。 しかし、利用者に問題があった場合は契約更新されない可能性があります。 例えば、利用者が多重債務などで返済が滞っている場合などは契約更新は難しいと思います。 多重債務などに陥ってはいなくても、返済遅延が何度となく続いている場合は更新打ち切りの判断が下されるかもしれません。

ついうっかり忘れてしまうことは人間なら誰しもあると思います。 ですが、そのうっかりが1回目であればまだしも、それが2回目3回目と続いた場合かなり状況は変わってきます。 もし返済日に支払いを忘れてしまった場合は必ず自分からカードローン会社へ電話を入れることが重要です。 自分から電話をするのと、会社側から催促の電話があるのでは印象が全く違いますね。 返済遅延のミスを認め、誠実な対応を取ることを心がけましょう。

次に、返済期日に支払いができなかった場合です。 もしカードローン会社からの催促の電話にも応じず、返済もないまま放置しておくと、じきに書面での督促状が送付されてくるでしょう。 もしそれでも払わない利用者はどうなるでしょうか。 カードローン会社によっても若干変わりますが、まず3ヵ月分滞納すると信用情報機関に事故情報として記録されることになります。 事故情報が載ってしまうと、他の金融機関などでもお金を借りることが一切出来なくなってしまいます。

と言うことで、契約更新できるかについては利用者の滞納や多重債務の有無が大きなポイントとなります。 また、滞納や多重債務以外にも、利用者のミスで契約更新できない場合があるので注意が必要です。

住所が変わった場合、変更届けを取引会社に提出するのを忘れていたりして 転送不可の書類が本人に届かなかった場合なども契約更新が難しくなることがあるのです。 住所や電話番号に勤務先などの変更届けは確実に提出しておきましょう。 結局の所、お金を借りるということは、大人である責任と信頼の上に成り立っています。 周囲に信頼される借入や返済をしていくことを留意しながら計画的にカードローンを利用していきましょう。